Category Archive:ドラマ

マンハッタンラブストーリー

GRANTDREAM stuff post on 9月 4th, 2013
Posted in ドラマ

こんにちは!「GRANTDREAM」です 😛

 

9月に入り、雨の影響か急に過ごしやすい日が増えてきましたね。

夏バテしてしまった私は、本格的な秋の陽気になるのを心待ちにしている今日この頃です

 

先日、取引先の方から「カテゴリーにドラマってあるけど、記事って1つだけだね 😎 」という、とても有難い指摘を受けましたすみませ~ん

と言うわけで本日ご紹介するのはドラママンハッタンラブストーリーです

 

DSCF3858   DSCF3859

 

マンハッタンラブストーリーは、10年前の2003年10月9日から12月18日までの木曜22時からTBS系列で放送されたドラマです。今を(昔から)時めく宮藤官九郎さん脚本の最初で最後()の恋愛ドラマです

私は昔から宮藤官九郎さん(通称クドカン)が大好きで色々なDVD-BOXを購入しています。

特に宮藤官九郎さん+磯山昌プロデューサーのタッグが好きで、こちらの作品もそうなんです

*他には「池袋ウエストゲートパーク」「木更津キャッツアイ」「タイガー&ドラゴン」「流星の絆」「吾輩は主婦である」

しかしこちらの作品、運が悪かったのか、裏のフジテレビ系列で白い巨塔が放送されており、残念ながら平均視聴率は7.2%と低い作品でした。。。

(私も白い巨塔をリアルタイムで観て、マンハッタンラブストーリーは録画して観てました・・・すみましぇん

 

なぜ10年前の作品を紹介するのかというと・・・

気付かれている方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、今月で終了するNHKの朝の連続テレビ小説あまちゃん少し重なるキャスティング・設定があるからなんです

 

 

DSCF3851

 

先ずは話の概要やキャストのご紹介を・・・

【概要】

テレビ局の近くで営業する喫茶店「マンハッタン」を舞台に、店長と店員や常連客たちが繰り広げる片思いの連鎖。

最初の恋愛相関図はA→B→C→D→E→F・・・と連鎖していくが……。

第39回ザテレビジョンドラマアカデミー賞、最優秀作品賞を受賞した。平均視聴率が一桁台の作品が選ばれるのは同賞始まって以来、初となった。(Wikipediaより)

 

伝わりますでしょうか・・・

簡単に言うとAさんがBさんを好きになりBさんがCさんを好きになり・・・というラブストーリーです。

*Aさん=赤羽伸子さん Bさん=別所秀樹さん Cさん=千倉(ちくら)真紀さん ・・・

かなりの一方通行です。。。これがドラマ中盤からリバースします

・・・FさんがEさんを好きになりEさんがDさんを好きになり・・・(・・・F→E→D→C→B→A)

*・・・Fさん=船越栄一郎さん Eさん=江本しおりさん Dさん=土井垣智さん ・・・

もう訳分かりませんね

一聞は一見に如かずです。是非観てみてください

 

【主要キャスト】

・マンハッタン店長《名前は最後の最後に判明》:松岡 昌弘さん

・赤羽 伸子(タクシー運転手):小泉 今日子さん

・別所 秀樹(振付師):及川 光博さん

・千倉 真紀(脚本家):森下 愛子さん

・土井垣 智(声優):松尾 スズキさん

・江本 しおり(アナウンサー):酒井 若菜さん

・船越 栄一郎(俳優):船越 栄一郎さん

・蒲生 忍(マンハッタンアルバイト):塚本 高史さん

・井掘 真彦(タクシー運転手):尾美 としのりさん

他・・・

 

上記の中ではお三人ですが、あまちゃんに出演されている方もいらっしゃいますね~

特にイボリー(井掘さん)役の尾美さんはタクシー運転手という設定そのまま

マンハッタンラブストーリーでの小泉今日子さんと尾美さんの掛け合いは見ものです

小泉さんの可愛さがこのドラマで爆発しております

 

小ネタ満載で、時にはせつなくなったり、感動したりと、観終わった後は暖かい気持ちになれます

ただ好き嫌いが分かれる作品ではあるので、ちょっと無理だなっと思われる方もいるかもしれません

しかし色々な見どころがある作品で、何度観ても面白いドラマです

例えば今では有名な俳優さんが脇役(チョイ役??)で出演されてたり、「えっえ~~ぇ」と思う設定があるので、それを踏まえてもう一度観直すと、「あっそうか~」と思う場面を見つけられて面白いんです。

この話はネタバレを含んでいますので、これ以上言えません

そうそう、最終話にも「おうっっ」ということがありますよ

 

このまま私がこのドラマの魅力を語ろうとすると非常に長くなりますので、ちょっとした説明がWikipediaにありますので、そちらを参照されてください

Wikipedia【マンハッタンラブストーリー】

 

 

DSCF3854

DVD-BOX特典映像内容

 

DVDが6枚+1枚セットになったDVD-BOXには特典映像が収録されています(最後の1枚)。

そのDVDがこちら・・・

DSCF3868 DSCF3860

6枚目のDVDと特典映像が入ったDVDのケース+裏表紙です。

裏表紙は軽井沢まで迎えにいらっしゃいというドラマの中で放送されているドラマです。

なんだかわかりづらいですが、ドラマを観たらわかります。

表紙はお好みで変えられます(マンハッタンラブストーリー 6or軽井沢まで迎えにいらっしゃい)。

軽井沢まで迎えにいらっしゃい 完全版を観ましたが、う~ん話の流れはなんとなくわかりますが、繋がりが全く無いなぜこのシーンなの??神出鬼没の赤いトレーナーの女は一体誰なの????状態です

なのに面白いんですよね~

しかし、DVDを収納した状態で見ると、船越さん・・・頭がフランケン状態です。。。

きっと狙ってるんでしょうね。細部までこだわってます。

他にも藤官九郎さんのロングインタビュー等も収録されており、喫茶店に対する思いやドラマに対する思い、恋愛観(?)等も語られているので、こちらも必見です

ドラマを見終わって特典映像を観る。そしてもう一度ドラマを観直すのがお勧めです

 

それでは、1話ずつの説明を画像にて~(クリックで拡大します

*ネタバレを含んでいますので、これから観たいと思われた方は1話か2話ぐらいまでのクリックをお勧めします

 

DSCF3869 DSCF3870 DSCF3871 DSCF3872

DSCF3873 DSCF3874 DSCF3877 DSCF3876

DSCF3878 DSCF3879 DSCF3880 DSCF3881

 

もちろんマンハッタンの店長が主役のドラマですが、毎回、主となる人が変わります

Aの回だと赤羽さん視点 Bの回だと別所さん(ベッシー)視点といった感じです。

恋愛って双方の視点から見ると違って見えるし、主役とヒロインだけの恋愛を描きたくないという考えから、そのような設定にされたそうです。

皆様少しは興味を持って頂けましたでしょうか??

 

あまちゃんでも音楽が重要な役割をしていますが、マンハッタンラブストーリーでも70年~80年代の音楽や、少年レントゲンというバンドの曲、TOKIOさんが歌う主題歌「ラブラブ ♡ マンハッタン」(作詞:宮藤官九郎さん・作曲:宮澤タクさん)という曲もあります

宮澤タクさんはドラマの中で少年レントゲンのギター担当として出演されてます

この主題歌がなかなか頭から離れないという「潮騒のメモリー」(作詞:宮藤官九郎さん・作曲:大友良英さん+Saciko Mさん)状態

「ラブラブ ♡ マンハッタン」が流れるエンドロールも好きです

 

もうすぐ終わってしまうあまちゃんですが、はまられている方やクドカン作品に興味を持たれた方、一度観られてみては如何でしょうか。

はまってしまうか、くだらないと思うか、一か八かどうぞ~

 

 

それでは、また~ 😀 😀 😀

Comments are closed

ちゅらさん

GRANTDREAM stuff post on 2月 20th, 2013
Posted in ドラマ

こんにちは!「GRANTDREAMです 😛

 

以前、私は仕事の関係で沖縄県那覇市に住んでいました。

 

慶良間諸島                           南城市

untitled  DSCF0626

在住期間は会社倒産などで1年ちょっとでしたが、今でもとても大好きな場所です 😆

 

その大好きな沖縄が舞台のドラマ「ちゅらさん」。

DSCF1483  DSCF1491

このドラマはNHKの朝の連続テレビ小説で2001年4月~9月にて放送・「ちゅらさん22003年3月~4月の月曜ドラマシリーズにて放送・「ちゅらさん32004年9月~10月の月曜ドラマシリーズにて放送・「ちゅらさん42007年1月の土曜ドラマにて放送されました。

 

主人公の恵理(えりぃ)役が国仲涼子さん、えりぃの母・勝子役が今は亡き田中好子さん、えりぃの父・恵文(ケイブン)役が堺正章さん、えりぃの弟・恵達(ケイタツ)役が山田孝之さん、えりぃの兄・恵尚(ケイショウ)役がガレッジセールのゴリさん、えりぃの祖母(おばぁ)・古波蔵ハナ役が平良とみさん(←ナレションもされてました)、えりぃの旦那様・上村文也役が小橋賢児さん。                                                    その他にも菅野美穂さん・余貴美子さん・村田雄浩さん・真野響子さん・小西真奈美さん・戸田恵子さん等々豪華な面々が出演されています。

 

物語は、沖縄(小浜島・那覇)と東京を舞台に主人公の恵理の人間的成長を中心に、文也との恋の行方、両親や兄弟、祖母など恵理を見守る家族との強い絆、個性的な一風館(えりぃ達が住んでいるアパート)の住人や、看護婦として働く職場の人々の人間関係を描いた群像劇です。(ウィキペディアより)

 

那覇の古波蔵家の舞台となった家

DSCF0748 DSCF0750

首里金城町石畳道 

  DSCF0746      DSCF0755

☝ ☝ ☝ ここは、那覇の古波蔵家の前の道です。

東京の大学受験が失敗し、それでも東京に行きたいという恵理。目的も明確ではない恵理に対し家族は反対しますが、恵理は黙って上京します。その日の朝、家を出た道(上の写真辺り)で持っていたかばんが重いことに気付き中を見ると・・・。家族は恵理が上京することを知っており、実は応援してくれていました。恵理はそのことに気付き、改めて家族の気持ちや温かさを感じ、涙を流しながら振り返って頭を下げます。そして・・・東京へ。

私も恵理と同様、涙ぐんでしまいました cry とても思い出深い場所です。

初めてこの場所に来た時はテンションが上がってしまい、一緒に来ていた沖縄の友人が完全に、引いていたのを思い出します 😯

 

 

このドラマは悪い人が出てきません。見終わると幸せで温かな気持ちになります 😆

多少「ちょっと」と思うところもありますが、不思議なことに、違和感なく観ることができるのです。

主人公の恵理の力なのか、みんな良い人になっていきます。

現在、宮古島と大阪が舞台のドラマが放送されていますが、再度「ちゅらさん」を観ようと思った今日この頃です 🙄

 

当時から人気のあった作品なのでご存じの方が多いかと思いますが、まだ見られていない方で興味があるという方は、NHKオンデマンドで有料ですが観ることも可能です。(1回分105円は高い・・・「特選見放題パック」だと全回分観ても月額945円でお得のようです)

https://www.nhk-ondemand.jp/program/P200900037500000/index.html

 

特選見放題パック

(注1)自動更新なので、解約手続が必要

(注2)試聴期間が毎月1日~月末までなので、月末近くに申し込むのは不利(月額945円のまま・日割り計算無し)

等々 ありますので、一度ご確認されて下さい。

https://www.nhk-ondemand.jp/monthFix/G2008003000MA000/

 

DVDだと完全版は高いです・・・(私は買いましたけど 😕 )

総集編だと少しお安いので、お手元に置かれたい方にはそちらもお勧めです。

ネットで購入されると定価より結構安いので、色々なサイトで探してみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大きな声では言えませんが??最大の動画サイトにもアップされてます・・・)

 

最後に私が住んでいた那覇の部屋からの夕暮れの写真です。あまりにきれいで、しばらくベランダで空を眺めていました 😮

DSCF0519

 

それでは、また~ 😀 😀 😀

Comments are closed